ぱすたのブログ

いろいろやっているように見えるだけのメンヘラ

非モテの僕が非モテ仲間に出会い系を勧める2つの理由

「出会い系にドはまりしたらハッピーターンを引いた」でお馴染みのぱすたです。

 

こんな枕詞にもかかわらず、今回は「出会い系っていいぞ!特に僕と同じ非モテ層が使うのがお勧めだぞ!」という記事ですw

 

  1. そもそもモテるってなんだろう?
  2. お勧めする理由1
  3. お勧めする理由2

 

1.そもそもモテるってなんだろう?

そもそもモテるって何でしょうか?

「モテたい」と叫ぶ僕たち非モテは、どうなったら満足なのでしょうか?

 

f:id:pastakunkun:20161230024308p:plain

(こんなことを真面目に考えるのも某人気ドラマのせい)

 

ここではさしあたり辞書の解説に頼って話を進めたいと思います。

大辞林 第三版の解説によると、

もてる【持てる】

①人気があって、ちやほやされる。 「女に-・てる男」

(以下略)

 つまりは多くの女性にちやほやされる、多くの女性と付き合えるetcというところに行きつくのでしょうか。

小谷野敦は著書「もてない男」で

もてない男―恋愛論を超えて (ちくま新書)

「もてるとはただでセックスができること」という定義を紹介していたけれど、まあこれもイメージとしては近いのかもしれない(ちなみにこの定義に小谷野は否定的見解)。 

とにかく、ここで確認したかったのはやはり一般的な意味での「モテる」は多くの女性からのちやほやであるということです。

 

であれば、モテるということは

「出会った女性の数 × 女性と付き合える確率」の問題なのかなあと思います。

この値が一定程度を超えると、モテるという状態なのかなあと。

周りに女性が多くいて、イケメン(女性と付き合える確率が高い)だとたぶん多くから人気を得ているでしょうから、モテると言える、みたいなイメージですね。

  

で、ここからが本題なのですが、要は「出会い系って出会う女性の数が増えるしそれによって自分が女性と付き合える確率も上がる神ツールじゃね?」という話です。

 

 

お勧めする理由①:出会う女性の数が増える

これに関してはもはや詳しく書く必要もない気がしますが……

 

f:id:pastakunkun:20161230024518p:plain

 

例えば日本で一番の出会い系アプリであるPairsの国内会員はおよそ300万人。

その半分が女性と考えれば、150万人の女性と知り合う機会があるのです!!

 

まあ、これは極端すぎますが、実際リアルでの出会いって意図し続けない限りそうそう増えないじゃないですか。大学生だったらサークルとゼミとバイト先と、どれも新メンバーがポンポン来るものではないわけで、気づいたらいつものコミュニティでいる、とかよくある話ですよね。こうなると女性との出会いも必然的になくなっていく!

 

そこで出会い系!月に何百人の女性を見ることができ、月に何十人の女性とネットでやり取りができ、月に少なくとも数人の女性とは会うことができます。

 

さて、実際この1月で女性の知り合い何人増えました?何人とLINE続いてます?

出会いがないなら、作り出すしかないんじゃないでしょうか!!

 

 

お勧めする理由②:自分が女性と付き合える確率も上がる

とはいっても女性と会う機会が増えても素直に喜べないのが僕ら非モテの難しいところ……

 

  • 「何を話していいかわからない……」
  • 「趣味の話しかできないけど、通じないのが怖い……」
  • 「イケメンじゃないからどうなんだろうかなあ」

と、「結局だめなんじゃないか」と悩みが尽きないもの。

先ほどの「出会った女性の数 × 女性と付き合える確率」というモテ指標の後者の問題ですよね。 

 

これらについての解決策は単純に一つ。

「数をこなせばなんとかなる!」

 元も子もない結論ですが、結局これに落ち着くのですよ。

 

「何を話せばいいのかわからない……」

そりゃ、普段から女性と話す機会がないとなかなか勝手がわからないのは当たり前です!時にはミスすることもあるでしょう。

しかしそこは切り替えて次に生かせばいいのです。その経験を繰り返せば繰り返すほどあなたの女性と付き合える確率は上がり、よりモテに近づくのですから。

  • 逃げ恥を見ていないことが思ったより重大なことであるとわかった瞬間に一気見しましょう。
  • 意外と深堀してもゆるされるとわかったら、次の相手でもそれを生かしましょう。
  • あと、数をこなすことで「自分が恋愛市場においてどこにポジショニングするのがいいのか」も見えてきます。例えば学生だと、「大学生活ネタが意外と社会人に受ける」みたいなところに気づけたり。それに気付けたら、自分をチヤホヤしてくれる確率が高い層に対して重点的にアプローチを打ちましょう。

 

「あれ?この②の理由は出会い系に登録する必要ないのでは?」と思われた方、ある意味その通りです。

しかし、実際近いコミュニティのなかで様々な相手で試行錯誤をするのは途中から圧倒的にひんしゅくを買うもの。数か月に1回とかのペースでしか失敗と改善が行えないわけです。

出会い系なら、元からの関係性も共通の知人もいません!失敗して気まずくなったとしても、その人を切ることに躊躇いがわくことは一切ありません!どんどん試行錯誤し、どんどんPDCAサイクルを回しちゃいましょう!

あなたの成長スピードを圧倒的に上げる!それが出会い系なのです!

 

 ※あと「女性と付き合える確率」には、PDCAで改善できる話や行動面のほかに、顔とか身長など変えられないものや趣味などの変えたくないものも変数になっていると思います。

  • 変えられないものに関しては諦めましょう。それで悩むのは時間の無駄です。本当に課題がそこなら高須クリニックをお勧めしますよ。あと、これは本題とはそれますが、出会い系のページとかに顔写真を載せたりして変えられないものは早め早めに女性には伝えるべきです。それに納得してやり取りしてくれる相手でないと長続きしないでしょうから。
  •  変えたくないもの(オタク趣味やタバコなど)に関しては価値判断です。不特定多数からの人気を取るか、それ以外を取るかです。趣味や嗜好を優先したあなた、そうするならばそれらは公開しましょう。それができないような相手とはそれも長続きしないでしょう。

 

終わりに 

ということで今回は「出会った女性の数 × 女性と付き合える確率」でモテを考えたとき、出会い系はモテるための良いツールなのではなかろうか?という記事でした!

野球でもサッカーでも、実践に近い形での練習が1番本番で生きるわけです。練習を積み続けることが、僕のような非モテの人生にいい影響を与えると信じて、僕は出会い系をやっていきます。

 

 

※出会い系ならペアーズ

www.pairs.lv

が圧倒的におすすめです!Facebook連携の安心感かつ、Facebookの友達にはペアーズの登録がばれないようになってます!